彼氏とプールに行った日の午後

彼氏とプールに行った日の午後

きちんと前日に処理をしていても、男性の髭が夕方になると青くなってくるように私のすねのムダ毛もうっすらと生えてくるのです。もともと体毛の薄い子はそこまでないのかもしれませんが私は前日の処理ではその日1日安心して過ごせないため、当日の朝ムダ毛処理を行わなくてはなりません。そこまでしていても夕方には安心できない状況なのです。きちんと剃っていても黒いプツプツが見えていたり、手で触るとジョリッとしたり、

気になり始めたらもう純粋にプールなんか楽しめません。ほかの女子のすねのツルツルさ加減や真っ白な脇にばかり目が行って、みんなどうやって処理してるんだろう?とそればかり考えてしまってデートどころではありません。海やプールに限らず素足で出かけることが多い季節はムダ毛のことがネックになって生足を出すことや、人に至近距離でみられることにとても抵抗がありますし・・そんなことでこの先どうするの?真夏にストッキングはいてるのも変だし、泊りがけのお出かけなんてとんでもないし、などという思いが頭の中を駆け巡り、毎日毎日日に何度も施しても安心できない自己処理と違い、ほとんど自己処理をせずとも安心して過ごせて肌も綺麗になる脱毛にとても魅力を感じました。

好きな人とバッタリ会った瞬間

好きな人とバッタリ会った瞬間

脱毛したい!と思った瞬間は、好きな人とバッタリ会った時にムダ毛の手入れができていないと気が付いた時です。別にかっこつけたいわけではないけれど、そういうこととは関係なく、女性としてムダ毛の手入れがしっかりできていなかったことがダメだなと感じたのです。ひとりの大人の女性として、ムダ毛の手入れができていない状態でそれを好きな人に見られそうになったことが少しドキッとしたのです。でも、脱毛をしたいと思うときってそういうときなんですよね。そういうちょっとしたことが脱毛をしたいと思うきっかけになるんです。

好きな人にはなるべくきれいな自分の姿を見てもらいたいですからね。ワキとか脛のムダ毛が少しでも目立っていると、どうしてもそこばかりが気になって落ち着かなくなってしまいます。ムダ毛のことで自分に自信が持てなくなってしまうことがあるので、やはりそういうことにならないように毎日ムダ毛の手入れをしておきたいと思うのです。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ