女性限定

女性限定

脱毛と言ったら女性の課題。この課題をどのようにクリアするかが大変であると思います。抜くのか剃るのか脱色するのか。剃るか脱色をする選択は一生つきまとい、お手入れがとても大変です。学生時代はお金もないので、剃るか脱色する友達がとても多かったです。剃っている人は肌がふれるジョリッとした感じで痛いのですごくいやでした。運動部に所属していたので、夏の合宿時には手入れをどうしようかいつも悩みがつきませんでした。

大人になり、お金にも余裕できたころは仕事が忙しく、なかなか脱毛サロンに定期的に通うという選択肢が自分の頭の中になく、これまた自宅でとにかく自力で抜きまくりました。この抜いている時間があれば脱毛サロンに行って綺麗にお手入れしてもらえばいいものを、帰宅が遅いのでサロンに通う時間がなく、いつも自力で手入れをしていました。結婚して主婦になり時間に余裕もできたので脱毛サロンに通いはじめて「プロのお手入れ」というものを目の当たりにして、本当に早く通えばよかったと後悔しています。今は満足です。

女性店員ばかりで、清潔なイメージ

女性店員ばかりで、清潔なイメージ

脱毛サロンなので、やはり女性店員ばかりであり、サロン内も白、もしくは薄いピンクで統一されていて、制服も同じような色で、髪型も全員統一されて、清潔感がある、といったイメージです。あとは個室で、和やかな曲が流れて施術されながらお話する、それとコースにより大きな機械を使う時もあったりするのかなと思います。もちろん施術前に体のことを詳しく(悩み、特に気になるところなど)聞かれて、施術終了後にはアドバイス、また今後のお手入れ方法、次回までに塗るクリームの種類などを教えてもらい、半年から1年、2週間に1回ぐらいのペースで通い続けなければいけないと思います。

金額も最初は安価だと思いますが、毎回3000円以上は支払い、施術してもらうと思うので、かなりの出費になると思います。反対にあまり出費がないサロンだと、怪しんでしまうかもしれません。小さい子どもでもできるところがあると思うので、体への負担は少ないと思いますが、通い続けるだけの時間、費用などは前もって準備してからでないと行けないサロンだと思います。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ